婚活サービス利用の成功例とは!?

婚活サービスをどう利用した!?婚活事情!

先日、実際に婚活サービスを利用した方が、相性の会う男性を見つけて、お付き合いに至ったという話を聞きました。”結婚”という最終ゴールはまだですが、お付き合いに至るまでが大変という話を聞くので、成功例としてまとめておこうと思います。

実際にお付き合いに至った女性が、どうやって婚活サービスを利用したのか、簡単にまとめると下記の通り。

チェックマーク 婚活サービスはフル活用!

チェックマーク 婚活に集中、仕事のように取り組む!

彼女が登録していた婚活サービスはいわゆる王道。ネットで自分プロフィールを掲載するタイプ。男性からメッセージが来ることもあるし、自ら条件を指定して、相性の良い相手を探すことも出来るシステム。そしてお互い希望が合えば、お会いするという流れ。

そんな、有料の婚活サービス、フル活用されていたそうです。

ハートの花びら

当たり前といえば当たり前ですが、有料サービスだからこそなるべく短期間で成果を出したい。そして、短期間で成果を出したい理由には年齢も関係していたそうなんですよね。

というのも、婚活サービスによっては、”年齢”を条件として相手を検索する際、”20代~35才”というように検索する年齢幅が決まっているところがあって、35才までだと抽出される可能性が高いんだとか・・。

そして、男性が検索する上で、抽出されることが大事!とのことで、顔写真をしっかりと載せたり、プロフィールの入力箇所にも気を配ってしっかり入力されていたとのこと。

条件で検索をする男性側の立場にたって、どう入力したり掲載しておくと条件に合う女性として抽出される可能性が高まるのか、考えていらっしゃったんですよね。

抽出される可能性や、プロフィール掲載順位によって、男性からのメッセージがたくさん届くこともあるそうで、出来る限り毎日、メッセージなどはチェックして返信。まさに本気で、仕事のように婚活を取り組んでいらっしゃったことが伺えました。

page up To Top

出会いの回数を増やし、チャンスを増やす!

カップル

"出会いの数をこなす"ことに集中していたことが分かりました。

ある程度の条件をで合いそうな相手を絞り、たくさんの男性と会えば、相性の良い相手が見つかる可能性も高まると感じていらしゃったとのこと。

確かに!!そう思いますが、これって実は大変なこと。ネット上といえど、メッセージを返信したりやりとりをすることって、思っている以上に労力がかかるんですよね。文面だとか言い回しだとか・・。

そして、直接会うとなれば、緊張で終わったあとはグッタリ・・なんていう話も聞きます。

それで疲れ果ててしまったり、相性が合わないことが続いて、しんどくなって婚活を辞めてしまう方も多い。とっても理解できます。

そう考えると、”仕事”のように割り切って、婚活を取り組まれていたイメージがあります。約半年間と聞きましたが、婚活に集中し、ようやく1人の男性とお付き合いできたとのこと。

ポイント出会いの数をこなすと、お付き合いのチャンスの可能性も上がる。

そういう考え方で成功されている方もいらっしゃるのだと改めて分かりました。

ということで、”婚活サービスを利用した成功例”、でした!

>>婚活サービスは利用すべき?成婚率は?

>>婚活のメリット、デメリット

page up To Top