婚活とは?

デート

婚活とは?- 目次 -

婚活とは?

婚活って、実際何をすれば良いのだろう?実際に"結婚"について調べるにあたって、ふと浮かんだ疑問でした。

"婚活"・・、私のイメージは、結婚相談所に登録して男性と出会う、婚活パーティーに参加する、この2つ。

>>婚活サービスは利用すべき?

でも実際に調べてみると、婚活というと、もっと広範囲の活動のこと。

チェック "婚活"とは、"結婚するために必要な行動"(wiki 結婚活動より)

と記載があります。

言われてみれば、その通りなのですが、"婚活"ってなんだかパーティーに出かけたり積極的に男性にアプローチしたりっていうイメージがあったので、なんだか少しほっとしました。

"結婚するために必要な行動"であれば、"自分磨き"ももちろん婚活、そして、当サイトでオススメしている、"結婚できない理由"や"理想の男性となかなか出会えない"という現状を認識することも"婚活"に該当することになります。

婚活、がんばらねば!と思っている女性の方、もうすでに十分婚活されているのでは?

>>結婚できない理由とは?

page up To Top

婚活の種類

これは先ほどにも少しお伝えしましたが、"お見合い"、"結婚情報サービス業に登録"、"パーティや合コンへの参加"、のみではなく!

結婚を意識した自分磨き(習い事や美容関連など)はもちろん、当サイトにお越し下さっていることも、婚活の1つになります。

ということで、種類は無限に広がります。結婚を確実にできる行動が決まっていない限り、様々な行動が婚活。

婚活というとなんだか、積極性を求められるように思っていて、ついつい行動が億劫になりそうですが、結婚するために必要な行動と思えると、大丈夫!結婚を望む女性であれば誰もがすでに活動しているはずです。

>>婚活のメリット、デメリット

>>婚活サービスは利用すべき?

page up To Top

婚活の歴史

"婚活"という言葉、すでに世の中に浸透していますが、私が幼い頃や学生の時はあまり聞かれませんでした。

そこで、"婚活"という言葉の由来、歴史について調べてみました。

参考) wiki 結婚活動、山田昌弘 2010 婚活現象の社会学 東洋経済新報社

"婚活"という言葉自体は、"AERA"2007年11月5日号で出たのが初めて。就職活動に似たように、"積極的に結婚をゴールとして活動することを意味したもの"。

その後、研究者や取材者によって"婚活"という言葉を使った書籍が出版され、結婚情報サービス業者の間で、サービスや商品にも"婚活"という言葉が使われ始めました。

そして、2009年4月にの月9ドラマ、"婚カツ"やNHKの"コンカツ・リカツ"が放映されたのをきっかけに一気に、世の中に言葉が浸透し、婚活ブームに火をつけたと言われています。

はてな どうして婚活がブームになったの?

婚活のブームは、ちょうどその頃の社会状況に合った言葉であったから。

"婚活現象の社会学"という本によれば、婚活が流行したのには3つの理由があると記載されていました。

ポイント その理由とは、

  1. 実際に未婚者が増えていたこと
  2. 1997年の金融危機の後、収入の伸びが抑制され、独身時代を謳歌するという世代が結婚に焦りだしこと。そして、その世代を見た次の世代も独身を楽しもうという余裕がなかったこと。
  3. 経済危機(リーマンショックなど)により、独身としての将来生活に不安が増え、安定した生活をつかみたいという意識が増えたこと

私が、実際に感じ取れた理由は、2つめと3つめ。確かに自分自身は、独身を楽しもうというよりは、早く安定した生活の保障がほしいという意識が学生時代や就職活動においてすでにあったことを覚えています。

特に女性の場合は、"女性の社会進出、働き方の変化について"でも伝えていますが、女性の社会進出が始まったようでも"専業主婦"を望む方や、"出産をしたら、家庭に入る"という認識を持つ女性が多く存在します。

>>女性の社会進出、働き方の変化

そういった結婚観を望む女性にとっては、やはり安定した収入のある男性と結婚したい、そう思い"婚活"に注目するのも自然の流れでしょう。

さて、次は、婚活のメリット、デメリットについて、書いてみますね!

>>婚活のメリット、デメリット

>>婚活サービスは利用すべき?

page up To Top