魅力的な女性が結婚できない状況

黒板

ポイント

まとめ:未婚者数は、女性よりも男性の方が多い。未婚女性にとって、結婚対象の未婚男性は存在するのに、結婚に辿りつかない現状がある!

鉛筆 女性の30-34歳の未婚率増加!3人に1人は未婚者!

"結婚したいのに、なかなかできない"、"理想の男性に巡り合わない"と悩む女性が多いと感じたのも当然、下記図1を見ると、女性の未婚率が上昇しているのが分かります。

1980年では、25-29歳女性で24.0%だったのが、2010年には、60.3%に!30-34歳では、9.1%から34.5%に増加。35-39歳で、5.5%から、23.1%(2010年)に増加。

図1:女性の年齢別未婚率の推移
女性の年齢別未婚率の推移

(出所:平成27年版少子化社会対策白書 3.婚姻・出産等の状況 p9)

page up To Top

鉛筆 女性の10人に1人が生涯未婚!?でも、その後、結婚される女性が多数いる!

下記図2は、男女の生涯未婚率の推移なのですが、女性では、1980年、4.45%だった生涯未婚率が、 2010年には10.61%にまで増加しています。そして驚くべきは、男性の生涯未婚率。同じく2.60%だったのが、2010年には、20.14%までに急増しているのが分かります。

図2:生涯未婚率の年次推移
生涯年次未婚率の推移

(出所:平成27年版少子化社会対策白書 3.婚姻・出産等の状況 p10)

上記図を見て、少しほっとした女性もいらっしゃるかなと思います。さきほどの図1では女性30-34歳の3人に1人は未婚者だったのが、50歳時点では10人に1人が未婚者。

ポイント ということは、30-34歳で未婚であってもその後に結婚されている方が多数います。

page up To Top

鉛筆 30-34歳の男性、約2人に1人が未婚者!?

先ほど図2でも生涯未婚率が急増していた男性に今度はスポットを当ててみます。

下記、図3は男性の未婚率なのですが、1980年から25-29歳で55.1%だったのが、2010年には、71.8%に増加。30-34歳では、21.5%から2010年には、47.3%に増加。35-39歳では、8.5%から2010年には、35.6%に増加しています。

図3:男性の年齢別未婚率の推移
生涯年次未婚率の推移

(出所:平成27年版少子化社会対策白書 3.婚姻・出産等の状況 p9)

はてな おやおや!?なんだか、女性よりも男性の方が"結婚できない"という状況下においては、深刻なのでは!?と思えてきました。

あ!でもそれは、男性と女性の人口数が違うからか!

そんな疑問を浮かんだので、男女の人口数もちょっと調べてみました。

上記図1-3は、2010年の結果なので、2010年1月の男女の人口数を調べてみたところ、年齢は30-34歳で、男性が4,315,000人、女性は4,191,000人でした。❋

そして、人口数から男女別の未婚者率で、未婚者数を仮に出してみると。下記の通り!

ポイント 男性の未婚者の方がやっぱり多い!!

同じく、25-29歳、35-39歳でも調べると、やっぱり男性の未婚者の方が多くなりました。

<男女別の未婚者数>

  • 女性(25-29歳):2,204,568人
  • 女性(30-34歳):1,445,895人
  • 女性(35-39歳):1,111,341人
  • 男性(25-29歳):2,739,170人
  • 男性(30-34歳):2,040,995人
  • 男性(35-39歳):1,754,368人

チェック ということは、未婚者という枠組みの中では、女性の結婚する対象、未婚の男性は居るということ。

はてな じゃぁ、なぜ"理想の男性に出会えないのか"、"結婚ができないのか"ますます、理由が知りたくなります。

"女性の理想が高すぎるのかな?"、次に見て行きましょう!

>>女性の理想が高すぎるの?

❋(参考:総務省統計局 人口推計の結果:平成22年 年齢(5歳階級),男女,月別人口-総人口,日本人人口(各月1日現在) ) 

page up To Top