特徴5: 結婚の前に"恋愛"をしたい

恋愛イメージ

"結婚"の前に、"恋愛"をしたいですか?

この特徴は、知らず内に女性が抱える、ごく一般的な思い。

"結婚"をするなら、恋愛結婚がいい!結婚するなら、恋愛することが前提!という女性は、実は"結婚"を目標にしているよりも先に"恋愛"をすることをゴールとしています。

注意 実は、婚活ならぬ"恋活"をしているのかも!?

そして、そんな思いを抱く多くの女性が、結婚における理想の男性の最大の条件を男性の"性格や人柄"と考えているのではないでしょうか!?

チェック そうなると、特徴3でも伝えましたが、"恋愛"に重点を置くことになり、"結婚"までに時間がかかります。なぜなら相手のことをまずは、好きになれないと、お付き合いが続かないから・・。

そういった女性は、特徴3と同じく、生活している中で一緒に居る男性に目を向けること。職場や、仕事関連、大事にしたい趣味の時間に触れる男性の場合は、必然的にコミュニケーションを取るので、"性格や人柄"が分かりやすく理想の男性かが無駄なく分かります。

そんな必然的にコミュニケーションを取る中で、理想の男性が居れば、仕事疲れの帰宅後に婚活サービス利用における対応時間や手間もなく、休日に出会うかも分からない婚活に出向くことも減り、"結婚"へのスピードも早まるはず。

もっと詳しく、知りたいという方は、結婚するには?対処法のタイプ別に行動を選択する!というページでご覧いただけます。

>>結婚するには?対処法

>>婚活サービスの成婚率は10%以下?(成婚率は?)

>>年収も大事?年収別生活シミュレーション

>>特徴6: 自分の結婚観に気づいていない

page up To Top

特徴6: 自分の結婚観に気づいていない

隠すイメージ

チェック 実は自分でも認識していない結婚観を持っている女性が多くいます。

例えば、"男性の年収はあまりこだわらない!"と思っていても、"出産後は、しばらく育児に専念したい"や、"家計は、男性が1人で支えるのが前提"と実は思っていたり。

"出産後は、しばらく育児に専念したい"や、"家計は、男性が1人で支えるのが前提"という価値観があれば、それは理想の男性の収入がとても重要な条件ということ。

女性が表面的に挙げる理想の男性の条件と、知らぬ内に抱えている理想の結婚男性像にギャップがある、そんな状況が、色々調べてデータを見ると、見えてきます。

注意 つまり、多くの未婚女性が、自分の表面的な結婚観に反する、隠れた"結婚観"を気付かぬ内に持ち合わせている可能性があるということ。

それは、女性の社会進出や経済状況と大きく関わりますが、社会の変化の中で、また昔からある結婚観を持つ親の元(母親が専業主婦だったなど)で育ったことで、女性が気づかぬ内に昔から続く結婚観(専業主婦志向など)を持ち合わせてしまいます。

そしてそのギャップに、魅力的な女性達が苦悩している姿が見られます。

>>女性の働き方の変化と結婚観

例えやすい年収での話ですが、もしも"本当に年収はこだわらない"のを条件に、男性と幅広く出会っていて、でも実は"男性の年収が潜在的に重要な条件"であったら・・・

出会ってお付き合いに発展しても、男性の経済状況が本来抱く結婚の理想と合わなければ、きっとどこかで立ち止まり、結婚へと進めない、"結婚できない"状況に陥ります。

一度、未婚者が増えている状況はどんな状況なのか、自分の結婚に対する本当の理想は何なのか、"結婚できない理由"ページを通して把握していただくことオススメします。

結婚にまつわる現状を把握することで、気づかなかった、自分の結婚観、本当に望む"結婚"が何かが分かり、無駄な時間や婚活が軽減でき、望む"結婚"へと前進できるはずです。

>>結婚できない理由の真実

>>年収別生活シミュレーション

>>自分の本当の結婚観、知っていますか?(理想条件が高くなるカラクリ)

>>特徴7: 高学歴、高収入、キャリアを追っている女性

page up To Top