about

ようこそ!

"結婚できない カラクリ!"へようこそ!

当サイトは、"結婚できない"や"理想の男性となかなか出会えない"という女性の悩みにおいて、納得する真実が知りたい、そんな思いからスタートしました。

>>結婚できない女性の特徴7つ

>>結婚できない理由とは?

きっかけは、複数の友人が、結婚への不安について私に話をしてくれたこと。

私は30代、友人も同じような世代。彼女達は、とても結婚について真剣に考え、自分に原因があるのではと探る姿に、なんだか私の胸が熱くなりました。

でも、いくら話を聞いても、私が納得できずにいたんです。

だって彼女達は、私からしたらモテ女子にしか見えない。容姿端麗、女性として自分の将来を考え前向きに生き、とても魅力的だからです。

だから最初、彼女達から結婚への不安を聞いても、"いや、男性からのアプローチに気づかないだけじゃない?"とか、"えっ?声かけられるよね?"というような質問を逆にしていて、本当に不思議でした。

それから、たまたま図書館に行った際、ふとその疑問を思い出して、結婚についてパラッと本をめくってみました。

"婚活難民 [ にらさわあきこ ]"❊という本で、実際に婚活している女性を取材した内容が書かれているのですが、その婚活している女性が、やはり魅力的にしか思えない女性達ばかりで、美人、聡明、明るい、話しやすい、可愛いなど、もうとにかく驚きました。

❊クリックするとオンライン書店に移ります、本の概要等ご覧いただけます。

>>婚活とは?

>>婚活サービスは利用すべき?

それから、一体何が起きているのか・・、女性自身に原因があるわけではなくて、どこかボタンの掛け違いやカラクリがあるのかな?と思い、調べ始めたのが発端です!

そうしたら、調べれば調べるほど、"なぜ魅力的な女性が結婚できないのか"、"なぜ理想の男性とめぐり会えないのか"、それには複雑な背景があることが分かりました。

"なるほど、これなら、なかなか女性が結婚できない、結婚に辿りつかないだろう"とつい納得してしまうほど。

そして、私が調べた結果を"理想の男性とめぐり会えない"、"出会いがない"、"結婚できない"と悩む女性に情報共有しようと思いました。だって、婚活の一番早い近道がまずは"現状を知る"、"真実を知る"ことのように思えたから。それを踏まえた上で活動(婚活)をすれば良いなって思ったからです。

それが、女性の"結婚"にまつわる不安やストレスを軽減し、ハッピーが増えれば嬉しい、そして大事な友人達にも幸せになってほしい、それが当サイトを作ったきっかけです。

結婚できないことへの不安、理想の男性に出会えないことへの不安などで一時的に頭がいっぱいになった時に当サイトがふと思い出せる存在になれば嬉しく思っています。

>>結婚できない女性の特徴7つ

>>結婚できない理由とは?

page up To Top

免責事項

当サイトの情報は、様々な媒体を通して収集したデータ、資料から、個人が独自にまとめた内容になります。情報は、十分に注意を払って掲載しておりますが、効果や成果を保証するものではなく、当サイトでは一切の責任を負いかねますので、ご理解・ご了承ください。

また、当サイトが掲載しているリンク先のサイトやお店につきましては、外部の団体様・企業様のサイトになります。実際のご利用は、その外部サイト先様で行っていただくことになりますので、ご質問やお問い合わせは、直接、リンク先のお店やサイト様へご連絡をお願いいたします。

なお、外部リンク先様にて生じた、損害や問題等につきましても、当サイトでは責任を負いかねますので、ご了承ください。

page up To Top

ライタープロフィール

プロフィール画像

  • 名前:レイ
  • 年齢:30代
  • 好きなもの:海、夢を語り合うこと

※写真はマイピクで数百倍良く描いていただきました!

中学から4年間米国に住み、大学は日本で卒業。米国では、生活を通して女性が自己実現を追い、出産後もバリバリと働く女性を見てきました。

一方、自分自身は、大学卒業前から、情熱を燃やしたいと思えることに巡り合えず、次出会った人と結婚すると決め、そのままお付き合いした方と20代後半にたまたま結婚。

まさに、女性の結婚観の部分で言えば、3の"男性が1人で生活を支える"という伝統的な考えのもと、結婚したことに、このサイトを作る上で初めて気づき認識しました!

結婚生活において、困難を感じることも多々ありましたが、その原因がこの結婚観(専業主婦志向)を持ちながら、キャリアを追う女性への願望もあったからだとは!

そして、夫も妻に対して専業主婦志向を持ちつつも、仕事をする女性の理解もしたいし・・というような、葛藤があったからだとは!!あぁだから喧嘩したのか・・とか、葛藤があったのか!なんて今更発見し、驚いています。w

page up To Top